【幼児向け】暇つぶしには「なぞなぞ」本がおすすめ!車や新幹線、病院の待ち時間でも!

暮らし・育児

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

子供と一緒に長距離ドライブに行くと、子供の暇つぶしに困ったことはありませんか?

長時間のドライブに家族全員ヘトヘトだし、こどもは当然途中で飽きてしまいます。



我が家も最近、長距離ドライブ。

長女は車に乗るたびに、「お菓子お菓子!なんかちょうだい!なんか食べたい!」

と、暇つぶしにお菓子を食べるという「まんまる」まっしぐらな行動・・・。



そんなお菓子食べまくりの長女でしたが、とってもよい暇つぶしの対策があったのです。

全くお菓子をほしがらずに夢中になりました。

それは「なぞなぞ」だったのです。

「なぞなぞ」がおすすめのわけ

みんなで楽しみながら暇つぶしできる

「なぞなぞ」を出せば、車内のみんなが参加できます。

頭の体操になるので、運転手さんにとっては眠気防止にもなりますね。

ドライブ中だけではなく、新幹線や飛行機、病院やバスの待ち時間などでも楽しみながら暇つぶしができるので、オススメです。



正解すると褒めてもらえるから「やる気」が続く

「せいかい!すごーい!」「よくわかったねー」と褒めてもらえると嬉しいですね!

「なぞなぞ」に正解すると達成感があるし、褒めてもらえるし、いいことづくめです。

ちょっと難しかったらヒントを出したりして、正解に導いてあげましょう。



次が気になるから「なぞなぞ」が続く

こどもは好奇心旺盛。

面白いとわかると、「次は?」と聞いてきます

あっという間に時間が過ぎていくので、暇つぶしにはもってこいです。

「なぞなぞ」を出すときに気をつけること

「なぞなぞ」を出すときに気をつけることは、年齢にあった「なぞなぞ」をだすことです。

幼稚園児に「難しいなぞなぞ」を出しても「わからない」が続くので、やる気がなくなってしまいます。

最初はすぐわかっちゃうような「簡単ななぞなぞ」からスタートするのがオススメです。



おすすめの「なぞなぞ」本を4冊紹介(幼児向け)

スマホで「なぞなぞ」を検索するのもいいのですが、山道などで電波が途切れたりしました。

そんなときでも「なぞなぞ」本があれば、電波や問題数を気にせずに楽しめます



そこで、楽天市場やアマゾンで人気の「なぞなぞ」本を調べてみました。

今回は幼児向けの「なぞなぞ」本です。



なぞなぞようちえん (あたまがよくなる!)

290問の「なぞなぞ」が掲載されています。たっぷり!

最初は簡単な「なぞなぞ」からスタート。

本の後ろへいくほど、ちょっと難しい「なぞなぞ」が出てくるので、大人も一緒に考え込んでしまうのではないでしょうか。



うんこなぞなぞ 4~6さい

こどもは「う○こ」「おなら」とか好きで、バカウケしますよね。

ちなみに今回の旅行でも、「お風呂場にあるおならをするものってなあに?」→正解は「しゃんぷー」と言っただけで大爆笑でしたから。(こちらの本のなぞなぞではありません)

子供の爆笑を楽しみたいならこの本がオススメです。



なぞなぞ&ことばあそび決定版 570問-毎日楽しめる!2~5歳児

この本はもっとたっぷり570問

これ一冊あれば十分じゃないでしょうか!っていうくらいの問題数ですね。

「なぞなぞ」の他にも、早口言葉やさかさ言葉、ダジャレなども掲載されています。

早口言葉は喜びそうですね。



たのしくあそぼう!なぞなぞようちえん

3~6歳が知っていることばの中から、やさしい問題とことばの力をつける問題がバランスよく掲載されています。

こちらは171問あります。

しりとりなぞなぞや、ひらがななぞなぞなど、ことばをテーマにしたスペシャル問題も。

ちょっと難しい問題には、三択のヒントもあるので、年齢に合わせて楽しむことができます。



まとめ

今回は幼稚園児向けの「なぞなぞ」本をまとめてみました。

この本が簡単でしたら、次は小学生向けの「なぞなぞ」にレベルアップしてもいいですね。

頭を使うので、子供にも親にもいい刺激になります。

ぜひ、家族みんなで楽しんでみてください。



3歳・4歳・5歳児向けのおすすめ絵本を紹介しています。

よろしければ【3歳・4歳・5歳におすすめの絵本】 何度も読みたい面白い絵本7選をご覧ください。




コメント