【宿題しない】子どもに宿題をやってもらうには?ポジティブな声かけをしよう!

育児
記事内に広告が含まれています。

子どもが宿題をやってくれなくて困っている方はたくさんいます。

子どもに宿題をやってもらうことは、親にとって毎日の悩みの種です。宿題は、子どもにとって大きなストレスとなり、親子関係がギクシャクすることもあります。

この記事では、子どもが宿題に前向きに取り組める効果的な声かけをご紹介します。記事を読めば、子どもが前向きな気持ちで宿題に取り組めます。

お子様にも安心!”添加物不使用”のつくりおきおかず

子どもに宿題をやってもらうための効果的な声かけ

子どもが宿題に前向きに取り組むためには、親の声かけが重要です。親がポジティブな姿勢でサポートし、子どもの努力を認めてあげましょう。

ポジティブな声かけが重要

宿題をやってもらうには、子どもにポジティブな声かけを行うことが重要です。子どものやる気を引き出すには、まず親が前向きな姿勢を示すことです。宿題をやりたくないと感じている子どもの気持ちを和らげてあげましょう。

ポジティブな声かけをする理由

ポジティブな声かけをする理由は、子どもの自尊心とモチベーションを高めるためです。子どもは大人以上に周囲の反応に敏感で、否定的な言葉よりも肯定的な言葉に強く反応します。

ポジティブな声かけをすれば、子どもは「やってみよう」という気持ちになります。「できた!」という成功体験を重ねることで自己肯定感が育ち、段々と自分から進んで宿題に取り組む姿勢が生まれます。


子どもに宿題をやってもらおう!効果的な声かけの具体例

良い声かけをすれば、子どもが宿題に対して前向きな気持ちを持ってくれます。子どもが自分のペースで取り組むことができるように、無理強いせず、サポートする姿勢が大切です。

親の役割は、子どもが安心して学び、成長できる環境を整えることです。適切な声かけとサポートをすれば、子どもの学習意欲を引き出し、自分から宿題をやってくれます。

以下に、子どもに宿題をやってもらうための効果的な声かけの例を挙げます。

ポジティブな声がけを心がける

ポジティブな気持ちになる声がけを心がけましょう。宿題が終わった後、楽しいことが待っていれば、やる気になります。以下のような声がけがおすすめです。

  • 「宿題を終わらせると遊ぶ時間がもっと増えるよ!」
  • 「頑張ったら好きなおやつを食べようか!」
  • 「宿題が終わったら一緒に遊ぼうね!」

具体的な指示を出す

宿題をやろうと思っても、どこから手をつけていいかわからない場合があります。具体的に範囲を指定してあげたり、時間を区切ったりすると、取り組みやすいです。声がけは以下のとおりです。

  • 「まず、この問題をやってみよう。その後で一緒に確認しようね。」
  • 「10分間集中して、終わったら休憩しよう。」

共感を示す

宿題がめんどくさいという気持ちに共感してあげることも良い方法です。自分だけが大変な思いをしてるのではないとわかることが大事です。

  • 「宿題って大変だよね。でも、終わった後は気分がすっきりするよ。」
  • 「私も小さい頃、宿題が嫌いだったよ。でも、終わった後は達成感があったな。」

達成感を強調する

難しい問題が出た場合は、達成感を強調することも重要です。ちょっと難しい問題が解けたら嬉しいですよね。さらにほめられたらもっと嬉しい気持ちになります。

  • 「この問題が解けたらすごいよ!がんばってみよう。」
  • 「昨日は難しかったけど、今日はきっとできるよ。」

楽しさを見つける

一緒にゲーム感覚でやってみるのもおすすめです。競争しながら問題を解けば、あっという間に宿題が終わります。

  • 「この問題、ちょっとしたゲームみたいだね。挑戦してみよう!」
  • 「一緒にやってみる?どちらが早く解けるか競争しようか。」

自主性を尊重する

色々言われるのが嫌いなお子さんには、自主性を尊重して、自分で計画を立てさせるのをおすすめします。

  • 「宿題をやる時間を自分で決めてみて。何時がいいかな?」
  • 「自分で計画を立ててみるともっと楽しいよ。どうしたい?」

言ってはいけない声かけ

子どもに逆効果になるような声かけもあります。子どもがやる気をなくし、自信を失わせる可能性があるため注意が必要です。子どもの自尊心を傷つけ、学習意欲を削ぎ、家庭内の信頼関係を損なう原因となります。

子どもに言ってはいけない声かけの具体例と理由は以下のとおりです。

否定的な言葉

否定的な言葉は、子どもに劣等感を与え、自信を失わせます。子どもは失敗を恐れるようになり、挑戦する気持ちが薄れてしまいます。

  • 「なんでこんな簡単なことができないの?」
  • 「また間違えたの?どうしてこんなこともできないの?」

比較する言葉

他人と比較することは、子どもにプレッシャーを与え、自己評価を低くします。子どもには個々のペースがあるので、比べるのはやめましょう。

  • 「お兄ちゃん(お姉ちゃん)はもっと早くできたのに。」
  • 「クラスメートの○○くんはもっと上手にできるのに。」

脅しや罰を与える言葉

脅しや罰を与えると、子どもは宿題を「罰を避けるための義務」として捉えるようになります。学習への興味や楽しさを失ってしまうので、使わないでください。

  • 「宿題をやらなかったらテレビ禁止にするよ。」
  • 「やらないなら、今日は夕飯抜きだよ。」

批判的な言葉

批判的な言葉は、子どもの自己肯定感を傷つけ、やる気をなくさせます。子どもは失敗を恐れ、新しいことに挑戦しなくなります。

  • 「こんなことも分からないの?」
  • 「君は本当にダメだな。」

命令口調

命令口調で話すと、子どもは反発心を持ちます。命令ではなく、協力を求める形で声をかけることが大切です。

  • 「すぐに宿題をやりなさい。」
  • 「黙って宿題をやれ。」

無関心な態度

無関心な態度は、子どもへの関心や期待がないと感じてしまいます。子どもはサポートを必要としているので、関心を持って接することが重要です。

  • 「どうせ宿題なんてやらないでしょ。」
  • 「勝手にやりなさい。

よくある質問

子どもに宿題をやってもらうにはどうすればいいのか、よくある質問をまとめました。

どうすれば子どもは宿題を始められますか?

子どもが宿題を始めるには、ポジティブな声かけを使ってやる気を引き出すことが重要です。

例えば、「宿題が終わったら一緒にゲームしようね」といったご褒美を提案したり、「この問題を解けたらすごいね!」と達成感を強調する声かけが効果的です。

子どもが宿題を嫌がる場合、どうすればいいですか?

子どもが宿題を嫌がる場合、共感を示しながらアプローチすると良いです。

「宿題って大変だよね。でも終わったら気分がすっきりするよ」といった共感の言葉をかけつつ、短い時間に区切って取り組みましょう。

「まず10分だけ頑張ってみよう」と具体的な時間を提示するのが効果的です。

どうすれば子どもの自主性を尊重しつつ宿題をさせられますか?

自分で宿題をやる時間を決められるようにすると、自主性が尊重されます。

「宿題をやる時間を自分で決めてみて。何時がいいかな?」と聴きましょう。

子ども自身に計画を立てさせることで、責任感と自主性が育まれます。

子どもが集中できない場合、どうすればいいですか?

子どもが集中できない場合は、短い時間に区切って宿題をする効果的です。

「10分間集中して、その後休憩しよう」というように時間を設定し、適度な休憩を挟みましょう。

静かな環境を整え、気を散らすものを取り除くことも大切です。

子どもの努力の認め方は?

子どもの努力を認めるには、小さな成功や努力を見逃さずに褒めることが大切です。

「昨日もよく頑張ったね。今日もその調子でできるよ」といった声かけや、「この問題、すごくよくできたね!」と具体的に褒めることで、子どもは自分の努力が認められていると感じ、自信を持てます。


まとめ

子どもに宿題をやってもらうためには、ポジティブな声がけが効果的です。子どものやる気を引き出すためには、どんなサポートができるか考え、子どもに合った声かけをしましょう

毎日の積み重ねが、将来的な学習意欲や自主性につながります。子どもが宿題を通じて自分の成長を実感できるよう、日々の声かけやサポートを工夫してください。

ポジティブな声かけで、子どもが楽しく学び、成長する姿を見守りましょう。

お子様にも安心!”添加物不使用”のつくりおきおかず