スペパって知ってる?身近なグッズや家電で快適な住宅環境を手に入れよう!

暮らし
記事内に広告が含まれています。



コスパやタイパに続いて、次はスペパが注目されています。

コスパやタイパは聞いたことがあるけれど、スペパって聞いたことがありますか?


身の回りのアイテムから家電、サービスまで、気づいていなくてもスペパを意識しているものがたくさんあります。

  • スペパって何?
  • スペパな商品やサービスはどんなものがあるの?

この記事では、身近にあるスペパグッズや話題の商品、サービスなどを紹介しています。

あんぱん
あんぱん

家が狭くても住みやすいお家にしたいと考えている人は、スペパを意識してみてね!

スペパとは「スペースパフォーマンス」のこと

スペパとは「スペースパフォーマンス空間対効果)」のこと。

スペース活用の効率の良さを示します。

スペパとは「空間対効果」と和訳されるスペースパフォーマンスという言葉の略で、スペース活用の効率の良さを示します。

「コスパ(コストパフォーマンス)」から派生した概念であり、「この部屋の使い方は、スペパ最高」「このデザインだとスペパが低くなる」など空間の使い方を評価する際に使われています。

クロス・マーケティングより引用
あんぱん
あんぱん

コスパやタイパといった言葉は聞いたことがあるね!

  • コスパ(コストパフォーマンス=費用対効果)
  • タイパ(タイムパフォーマンス=時間対効果)
  • スペパ(スペースパフォーマンス=空間対効果




「スペパ」が注目されている理由

住宅金融支援機構が実施した調査によると、マンションの住宅面積は10年前に比べると都市部の地価上昇や建築資材高騰の影響で、約10%狭くなっていることがわかりました。

限られた住宅環境で、スペースを有効に使いたいという考えが、スペパを意識する要因になっています。

スペパを意識する要因
  • 住宅の面積は狭くなっている。
  • コロナ渦の影響で在宅ワークが普及して家で過ごすことが多くなった。
  • 値上げ対策で買いだめが増える。
  • 防災備蓄への意識も高まる。

狭い空間でも快適に過ごすためには、ちょっとした工夫が必要です。

そこで、スペパを意識した家具や家電、日用品が注目されています。


身近にあるスペパグッズ

家にスペパグッズはあるかな?と見渡してみたら、意外とたくさんありました。

トイレットペーパー

トイレの収納場所は狭いけど、トイレットペーパーは防災備蓄としてもそれなりに保管しておきたいですよね。

家では1.5倍巻きのトイレットペーパーを使用しています。

1ロールの長さが1.5倍になるから、交換の手間が減り、保管場所もコンパクトに収まります


さらに保管場所や交換回数を減らしたい方には、6倍巻きのトイレットペーパーもあります。

たった2ロールで12ロール分に相当します。

交換頻度も減るし、かさばらないから防災備蓄品として備えておくのにも向いていますね。

あんぱん
あんぱん

スペパがいいね!

マルチポット

キッチンにあったスペパグッズは、「マルチポット」です。

コンパクトなのに「煮る・炒める・茹でる・沸かす・揚げる・炊く・和える」と、これ1つで7つの使い方ができます。

だからたくさんの鍋やフライパン、天ぷら鍋を持つ必要がなくなります。

実際に使用していますが、フッ素樹脂加工されているので、炒め煮する料理の時に鍋底にくっついたりせず、使いやすいです。

また揚げ物をするときは、鍋が深いので油はねも少なく、とっても便利です。

ペットボトル

使用後に出る容器のゴミにもスペパが取り入れられています。

例えばペットボトル。

飲み終わった後のペットボトルの容器は、かさばって保管場所に困りますよね。

サントリーの2Lペットボトルは、飲み終わった後ボトルを畳めば、サイズが6分の1までコンパクトになります。

さらにラベルレスならラベルを剥がす手間も省けますね。



他にもあるスペパ 家具や家電、サービス

他にも「限られた住宅環境でスペースを有効に使いたい」というスペパを意識した家具や家電、サービスがあります。

壁面を有効活用する

狭い住宅環境でもスペースを有効活用するには、壁を利用すると生活空間を圧迫せずに収納を増やすことができます。

例えば、ひな人形や五月人形などの季節の飾りは、コンパクトで壁掛けにもできるタイプが人気です。

ひな人形や五月人形を飾る時期が過ぎたら、壁掛け棚はそのまま残して観葉植物や置物を飾ってもいいですよね。

1つで2役以上の役割をもつ家電や家具を取り入れる

1つで2役以上の役割を持つ多機能な家電や家具を取り入れると、置き場所をスッキリさせたり、保管場所に悩まされることもなくなります。

定番ですが、ベッド下の収納は、スペパがよい家具ですね。

またルンバなどの掃除機の上の空間を収納スペースにすることができる家具もあります。

他にもテーブルと空気清浄機が一体になった商品もあります。

そしてシーズン終了後の保管に困る扇風機は、従来の1/3までコンパクトに収納できる商品も。

文具

スペースを有効活用できる文具の需要も高まっています。

フラットに開けるノートは、ページの中央部分が膨らまないから書きやすいです。

スペパがいい理由は、ノートの内側ギリギリまで書き込めるところ。

左右のページを意識せず、見開き全てを使えるから気持ちよく使うことができます。

写真撮影の時にもゆがみが出なくてきれいに撮影できますよ。


シェアやレンタル・保管サービスを活用する

使用頻度が高くないものは、必要なときに必要な物だけをレンタルすると、収納場所にも困りません。

  • キャンプ用品
  • スーツケース
  • 結婚式に呼ばれた時のドレス
  • カーシェア など

また普段着ている服をレンタルできるサブスクリプションサービスもありますね。

持っている服を減らせば、シーズンが終わった後クリーニングに出す手間も省けるし、収納にも困りません。



保管サービスを活用するのもいいですね。

例えばかさばる羽毛布団は、冬が終わると保管するのに困りますよね。

布団クリーニングのついでに次に使うときまで保管してくれるので、収納場所に悩まされることがなくなります。



スペパグッズやサービスを活用して快適な住宅環境を手に入れよう!

スペパを意識すれば、家が狭くても住みやすいお家に整えることは可能です。

スペパグッズやサービスを活用して、今よりももっと住み心地のよい家を目指してみませんか。